レンタカーでモナコグランプリのコースを走る楽しみ

モナコグランプリのコースを走る楽しさ

海外旅行の時にレンタカーでドライブしていくことは、他では行くことができないところに行けるという利点があります。

私はモナコに行く時には、ニースの空港でレンタカーを借りて、そこからドライブしてモナコに行くことにしています。

ニースまではパリ経由で飛行機で行くのですが、モナコに行くにはニースに行く必要があるのです。

ニースのレンタカーのハーツで車を受け取るのですが、ヨーロッパのレンタカーのほとんどはマニュアルシフト車で、オートマチックではありません。

私はドライブするにはマニュアルシフトの車の方が好きなので、ヨーロッパのドライブはとても楽しみなのです。

ニースからモナコに行くには二つのルートがあります。私は山側の道が好きで、モナコに行く時にはほとんどの場合、山側の道を使っていくことにしています。

山道をドライブしていると、ガードレールがないところが多いことに気づき、狭い山道で制限速度が80キロになっていて、ヒエ〜っと思うのでした。

どんなに運転が好きでも、その山道を80キロで走るなんてことは怖くてできません。でも、地元の人はその道をガンガン飛ばして走っているのです。

モナコに行くと、モナコグランプリのコースを走ることを楽しみにしています。

スタートラインからサンデボテの教会の前を通って、坂道になっているボーリバージュを通り、エルミタージュ前を通過して、ホテルドパリの前を通り、モナコでは有名なカジノ前を通って、ミラボーのストレートを通り、ローズヘアピンを回って、坂を下りて行って、ポルティエのコーナーを周りトンネルの中を通ります。

トンネルと言っても、片側は開いているので、海を見ることができます。そして、トンネルと出ると、本来ヌーベルシケインがあるのですが、通常の時には真っ直ぐ行きます。

そして、タバコ屋コーナーを回って、スイミングプール前を通り、ラスカスのコーナーを回って、最終コーナーをぐるりと回るとモナコグランプリの一周をすることができるのです。

一周を何分くらいで回ることができるのだろう?と思って、時間を計ってみたら、だいたい3分から4分かかるようになっていて、そのスピードはかなり早いということです。

モナコに行くことがあったら、レンタカーで走ることをお勧めします。自分でモナコグランプリのコースを走ってみると、レースの様子を見るときにとてもよくわかりますし、何と言っても地中海は車でドライブしてこそ楽しいところなのです。

海外でドライブするには国際免許証が必要です。そして、レンタカーは出発前に事前に予約しておくほうがいいです。

レンタカーを借りたら、返す前に使ったガソリンをガソリンスタンドで補給しておかなければなりません。そうしないと、すごく高いガソリン代を支払わなければならなくなります。

海外でドライブするには、左側通行から右側通行になるので、最初はちょっと戸惑うと思います。レンタカーも左ハンドル車なので、慣れることが必要です。

それにヨーロッパはマニュアルシフトのレンタカーが主流なので、マニュアルシフトの車を運転できない人は、レンタカーの予約をする時に、オートマチック車を指定しておく必要があります。

日本でのドライブとは何もかもが逆になるので、しばらく慣れるのに時間がかかることがあります。ウィンカーを出そうとして、ワイパーを動かしてしまうようなことはよくあることです。

でも、ヨーロッパを旅行する時には、レンタカーでドライブするほうがずっと楽しいですし、行きたいところに自由に行くことができるので、電車やバスと違って、その土地をよりよく知ることができてとてもいいのです。

ヨーロッパはマニュアルシフトのレンタカーが主流ですが、アメリカはオートマチック車が主流ですので、運転はかなり楽になります。